バイアグラは別の記事でご説明したようにあくまでも「勃起不全改善」のためのものになります。
そして理解していただきたいのが「薬」ということです。
薬には「副作用」が大きく存在するものがあります。
今回の記事ではそのバイアグラの副作用について勉強しましょう。

■主な副作用は?

①顔のほてり

これはバイアグラを飲むことによって血液の循環がよくなりその血液が男性器へと流れていくため
顔が赤くなることがあります。

②鼻づまり

鼻の奥には実は血管があります。だから鼻血がでますよね?
実は呼吸をするときに息を吸いますね。この吸った息が鼻腔を通り熱として温められていきます。
そして肺へと酸素が送られていくシステムになっているのですが、実はバイアグラを服用すると、
この血管が拡張するどころか狭くなり鼻詰まりの原因になるそうです。

③胸やけ

c04267d92cc3dcc988c0e00af2a0a756_s

バイアグラによる胸やけの原因としてはバイアグラに含まれる「クエン酸シルデナフィル」という
成分が影響していきます。
心臓のポンプ作用による拡張と収縮によって隅々まで血液というものは流れていくのですが、
バイアグラの成分「クエン酸シルデナフィル」が心臓が拡張させる作用があるため胸やけを
感じるということです。

④消化不良

体内に薬を入れるということはなにかしら影響があると考えてください。
そうすると私たち人間は食べ物と同じく消化するために「消化液」というものが分泌されます。
この消化液の分泌障害や、胃の機能がうまく働かなくなることがあるためです。

⑤動悸

こちらも心臓にかかっている負担が大きく影響しています。
心臓の機能が低下しているために動悸がおきますが2~6時間でおさまるそうです。

⑥頭痛

7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s

頭痛は一過性のものですが脳にも血液というのはめぐっています。
それが通常よりも量が減ってしまうと頭痛につながっていきますが、
薬の効き目がぬければ治るものだと言われているのでそんなに気にすることはないでしょう。

⑦目の充血

服用した方のほとんどに表れる症状です。
こちらも血管が拡張しているために目が充血しています。
もし痛みなどあれば目薬を服用してください。

これらだけではなく実は高齢の方がバイアグラを飲んでセックスをした際に心停止したという例もあります。
またそれだけではなく心臓に負担をかけるので慢性心不全や肺高血圧症に陥ることもあるそうです。
ですから必要ない方は飲まないこと。
もし、必要な方は決して病気ではありませんが心臓に負担がかかっていることを前提として服用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>